フリーランス デザイナー Webデザイナー マスコミ・広告・デザインのIT求人一覧ならITCOLORS

絞り込み

フリーランス デザイナー Webデザイナー マスコミ・広告・デザインの IT求人一覧

4463件

4463件中 1〜10件を表示

フリーランス デザイナー Webデザイナー マスコミ・広告・デザインのIT求人をお探しの方へ

Webデザイナーになるのは難しいの?これからWebデザイナーを目指す人に向けて紹介!


この記事ではフリーランスのWebデザイナーを目指す人に向けて、Webデザイナーになるためにどんなスキルが必要か、また長く続けるためにどういった仕事ができる必要があるかを紹介します。

Webデザイナーという職種が厳しいと言われている理由や、その厳しさを乗り越えるのに必要なスキルもわかるように紹介していくので、Webデザイナーを検討している人はぜひご覧ください。

Webデザイナーという職業に憧れていろいろ検索してみようと検索サイトに「Webデザイナー」と入力した瞬間、関連キーワードとして「つらい」「やめとけ」「厳しい」という言葉が出てきてビックリした人もいることでしょう。

ITやクリエイティブに分類されるWebデザイナーは、実際のところそれら業界の中でも安定した将来が見込めるような職種では決してありません。一連のスキルを身につけたからといって安泰という状況ではないということです。

また一般企業のWebデザイナーであれば部署異動等で、別の仕事を与えてもらえたり、Web制作会社でも会社がなんとか生き残れる道を示してくれたりしますが、フリーランスのWebデザイナーとなると困難に突き当たった時も自分で乗り越えていく能力がないと厳しいです。

Webデザイナーに関してネガティブなタイトルがついていた記事についていくつかリンクしておきます。内容自体は決してネガティブなだけではなく、実情を理解する手助けとなっているので、ぜひあわせてご覧ください。

【危険】Webデザイナー未経験からフリーランスをおすすめしない理由
【厳しい現実】未経験でweb制作業界を志す全てのwebデザイナー/webエンジニアの皆様へ
【Webデザイナーへの就職は厳しい?】その理由と対策とは?

フリーランスのWebデザイナーになるために必要なスキルは?


まずは、Webデザイナーになる際に必要となる最低限のスキル3つについて紹介します。

1つ目はWebサービス公開・運用に関するサーバースキルです。

ネットワークはもちろん、WebサイトのURLに利用されるドメインやホームページのデータを設置するサーバー、また公開するための設定等、サーバー周りの一連のインフラについては理解しておく必要があります。

2つ目はデザインに関する基礎知識、ツールの操作スキルです。

レイアウトや配色といったデザイン全般の基本的な知識を持っていないと、突飛なものが出来上がってしまい、Webデザイン以前の問題となってしまいます。

なおデザイン系のツールとしてはAdobeのソフトウェアが使われることが多いです。

その中でもイラストを中心としたグラフィックデザインの作成に利用されるIllustratorや、主に画像加工に利用されるPhotoshopの操作は基本スキルとされる傾向にあります。

近年ではUI/UXデザイン系のツールとして、SketchやAdobeXD、Figma等が使われている企業もあります。

3つ目はコーディングのスキルです。

ファッションや広告、エディトリアル系のデザイナーであれば必要とされる機会が極めて少ないですが、Webデザイナーにとってコーディングのスキルは必須と言えるものです。

現在はWeb作成に当たって様々なツールが用意されていますが、簡単なHTMLやCSSのコーディングが必要になる場合もあります。意図した通りに表示されなかった際に自分で修正するためにもコーディングの知識は必要です。

動的なコンテンツを作成する場合はHTML、CSS以外にJavaScriptの知識も必要です。

エンジニアの中にフロントエンドエンジニアという職種があり、ユーザーが直接触れる部分のシステム構築やプログラムを担当しますが、Webデザイナーもこれに近いスキルが必要とされます。

未経験からWebデザイナーを目指そうとした場合に、初めに身につけておくべき内容は以上となります。

会社員であればチーム等で業務分担をすることもあり、ましてや新人であればこの3つのスキルだけで簡単な仕事を任せてもらえ、給料ももらえます。

しかしフリーランスのWebデザイナーとなるこれらのスキルだけで仕事を獲得するのは難しいです。副業として小遣い稼ぎ程度であれば単価の安い案件として請け負うことができるかもしれませんが、生計を立てていくには厳しいです。

以下記事には、Webデザイナーのスキルとしてプログラミング言語が必要になる理由について詳しく説明されていました。今回の記事で詳細を省いているため、気になる人はぜひあわせてご覧ください。

WEBデザイナーにプログラミング言語の知識が必要な理由と必須言語3選+α

Webデザイナーとして長く続けるために必要なこととは!?


前項で紹介した3つのスキルだけでフリーランスとしてやっていくのは厳しいとお伝えしましたが、この項目ではその他にどのようなスキルがあればフリーランスWebデザイナーになれるのかを紹介します。

一つはマーケティングの知識です。

Webデザイナーにページ作成を依頼する意図は、単純にホームページが持ちたいからというよりは、ホームページや商品紹介ページ、ショップページ等を作成してブランディングや売り上げアップという結果を求めていることがほとんどです。

SEO対策やページのデザイン、使いやすさ、文言等によって売り上げは大きく変わってくるので、Webデザイナーもそれらマーケティングに関する知識を得ておく必要があります。

2つ目はUI/UXデザインに関する知識です。

UIは「ユーザーインターフェース」、UXは「ユーザーエクスペリエンス」で、これらをまとめると、ユーザー(閲覧者や利用者)に寄り添った便利なサイトやサービスを提供して、満足してもらうためのデザインということになります。

一時期はデザイン性に優れたサイトが主流となることもありましたが、近年はWebサイトの見栄えはもちろん、ユーザーが利用しやすいサイトが求められることがほとんどになってきています。

インターネットの閲覧環境が急速にパソコンからスマートフォン等の携帯端末に変わったことも大きな要因の一つです。

3つ目はコミュニケーション能力です。

Webデザイナーの仕事は自分の好きなデザインでサイトを作成することではありません。あくまでクライアントの要望の実現や、目標を達成するためのサイトに仕上げることが使命となります。

そのためにはクライアントとの綿密な打ち合わせやヒアリングを繰り返して、サイト作成を進めることになります。

必要なことを十分に聞き出したり、後々齟齬が発生しないような認識合わせをしたりというコミュニケーション能力は、フリーランスWebデザイナーには必須となります。

企業のWebデザイナーであれば、分業された部分のスキルだけあれば問題ないですが、フリーランスWebデザイナーにおいては、以上に挙げた+αのスキルとは別に、全て自分で対応できるための総合的なスキルが必要になってきます。

以下記事ではデザイナーだけではなく、Web関連の職種全般のフリーランスについてまとめられていたため、他の職種についても見てみたいという人はご覧ください。

Web系フリーランスとは?稼げる?報酬や単価は?仕事の種類・案件の受注方法

+αのスキルを身につけて幅広く求められるWebデザイナーを目指そう!


ホームページ作成ツールは無料のものも豊富にあり、素人でもコストをかけず、簡単にホームページが持てるようになっているため、Webデザイナーという専門職でお金をもらうために必要なスキルは年々幅広くなってきています。

しかしながらWebデザイン、マーケティング、UI/UX、コーディング、ITシステムの知識等を総合的に備えていると、それだけ仕事が獲得できるチャンスは多くなります。

フリーランスのWebデザイナーとしてやっていくには、特に幅広い知識や、業界の最新情報を自ら得ることが重要になるため苦労する点は多いですが、会社員と時とはまた違ったメリットを得ることもできます。

またWebデザイナーはパソコンとインターネット環境があれば仕事ができることがほとんどであるため、リモートワークやフリーランスは向いている働き方と言えます。

ぜひ幅広いスキルを身につけて、フリーランスのWebデザイナーとしてのワークスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

最後に30代未経験からフリーランスのWebデザイナーを目指す方法や心構えがまとめられた記事へのリンクを紹介します。また会社員からフリーのWebデザイナーになった人の経験談も別の記事であったので、あわせてリンクします。

【最短ルート】30代未経験からのWebデザイナーデビュー実践方法
フリーランスで仕事の取り方・稼ぎ方がわからず収入激減/31歳webデザイナー

フリーランスのWebデザイナーとして案件を獲得するには?

フリーランスのWebデザイナーとしてやっていく際に、仕事を獲得する方法としては、フリーランス専用エージェントに登録する、クラウドソーシングを利用する、知り合いにアピールしておくという方法等があります。

フリーランス専用エージェントにおいては自分のスキルや条件にマッチした案件を紹介してくれるので、効率的で、自分で仕事を獲得することが苦手な人にはおすすめです。

ただしフリーランスのエージェントに求人を出している企業は要件に見合ったスキルを持っている人を求めているわけで、企業のように未経験の人材を育成していくということはありません。

そのためすでにスキルを持っていることが、エージェントを利用する前提となります。

クラウドソーシングに関しては単価の安いものも目立ちますが、企業や個人と様々なユーザーが案件を出しているため、簡単な案件から気軽に始められる可能性があります。

ただしフリーランスとして生計を立てられる程の報酬が得られないものも多くあるため、自分のスキルレベルに見合ったものを、安すぎない単価で受注できるように案件選びは慎重に行うことをおすすめします。

知人へのアピールという点に関して、いつ何時も知り合いを捕まえては営業のように仕事がもらえるように声をかけるのはかえって逆効果になることでしょう。

フリーランスWebデザイナーを始めた、これから始めようと思っている等と言っておくことで、知人・友人、あるいは前職の会社から依頼される可能性が出てきます。SNS上で自分のやっている職業をアピールしておくのも一つの手です。

Web系に強い、保障が多い、リモート系の案件が多い等、様々なフリーランス専用エージェントがまとめて紹介されている記事があったので、以下にリンクしておきます。

【高単価】現役フリーランスデザイナーがオススメするエージェント4選

スキルでIT求人を探す

フリーランス デザイナー Webデザイナー マスコミ・広告・デザインの平均年収

フリーランス デザイナー Webデザイナー マスコミ・広告・デザインで転職した場合の年収中央値です。あくまでも予測値であり、 実際の年収とは異なります。

  • 転職
  • フリーランス
  • 派遣
  • 副業
  • 300万~
  • 400万~
  • 500万~
  • 600万~
  • 700万~
  • 800万~
  • 300万~
  • 400万~
  • 500万~
  • 600万~
  • 700万~
  • 800万~
  • 300万~
  • 400万~
  • 500万~
  • 600万~
  • 700万~
  • 800万~
  • 300万~
  • 400万~
  • 500万~
  • 600万~
  • 700万~
  • 800万~

関連するコラム

検索履歴

タグクラウド

フリーランス デザイナー Webデザイナー マスコミ・広告・デザイン求人 のGoogle検索結果

求人を探す